秋葉原の行政書士法人横浜行政手続事務所東京事務所では、相続手続きを支援しています。相続のことなら当事務所にぜひご相談ください。

相続手続

相続手続代行

相続とは、亡くなられた方の財産または借金が家族などの相続人に引き継がれることをいいます。

 

亡くなられた方が遺言を残していたのであれば、遺言の内容にしたがって財産、借金が引き継がれます

一方、遺言がない場合は、一応法律にしたがって相続人の相続分は決まります(これを法定相続分といいます。)。

 

しかし、故人とのかかわりは相続人ごとに異なるでしょうから、法定相続分での財産の分配で丸く収まるとは限りません。
不動産、預貯金口座、自動車、有価証券等の財産をどのように分配するか、また、借金をどのように返済するかについて、相続人間で話し合うことが必要になってくるのではないでしょうか。
そして、相続人間で話し合う前提として、相続人が誰なのか、どのような財産が残っているのか、いくら借金があるのか等を調べる必要があります。

 

このようなときには、是非当事務所にご相談ください。
行政書士が、相続人は誰かを確認する「相続関係説明図」、相続財産は何かを確認する「相続財産目録」、相続財産をどのように分配するかを書面化した「遺産分割協議書」の作成を中心に、相続に関する手続をサポートいたします。


相続手続きの流れ

①お電話またはメールで面談日時の予約

・ご相談料は無料です。ご希望であればお客様宅にお伺いいたします。出張料はいただいておりません。

②行政書士と面談

・まず、亡くなかった方(被相続人)が遺言書を残しているかどうかを確認します。

・遺言書がある場合は、その内容にしたがいます。

・遺言書がない場合は、今後何をすべきかについてアドバイスいたします。そして、遺産分割協議書作成のため、相続人及び相続財産についてお客様からお聞きします。

・費用のお見積りもいたします。

③相続人・相続財産の調査

・お客様からお伺いした内容をもとに、行政書士が改めて調査し、「相続関係説明図」、「相続財産目録」を作成します。また、借入金などの債務についても調査します。

④「相続関係説明図」、「相続財産目録」の作成

・「相続関係説明図」を作成して、だれが相続人なのかを確定させます。被相続人の出生から死亡までの除籍・戸籍・原戸籍の謄本および相続人の戸籍謄本を収集して作成します。

・「相続財産目録」を作成して、相続財産を確定させます。被相続人の財産について、相続人が把握していないことが多いので、綿密に調査します。

⑤相続人間で遺産分割協議。遺産分割協議書を作成

・相続人間でどの財産をどの相続人に分配するかの遺産分割協議が調ったときは、その結果を遺産分割協議書として取りまとめます。相続人全員の実印と印鑑登録証明書が必要となります。

・遺産分割協議書は、預貯金の払戻しや不動産の名義変更等の手続きにおいて必要となります。

⑥遺産の名義変更(預金の場合)

・預金口座のある銀行に「遺産分割協議書」、「相続届」、「残高証明依頼書」等を提出します。提出から1週間か10日後に、「相続届」で指定した口座に遺産である被相続人の預金が振込されます

※相続財産の中に不動産が含まれている場合は司法書士、相続税申告が必要な場合には税理士と連携して対応いたします(これらの専門家に対する報酬は、行政書士の報酬とは別に必要となります)。

行政書士報酬

◆相続人および相続財産の調査、遺産分割協議書作成、名義変更 250,000円~(+税)

 

◆遺産分割協議書作成のみ 100,000円(+税)

 

◆相続関係説明図作成のみ 30,000円(+税)


お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 業務のご案内 行政書士のご紹介 事務所のご案内 アクセス 個人情報保護方針 お問い合わせ