秋葉原の行政書士法人横浜行政手続事務所東京事務所では宅建業免許に関する相談を承っております。

宅建業免許

宅地建物取引業免許取得申請代行

以下のようなことでお困りではないですか?

 

・会社の設立手続きと宅建業免許申請をセットで依頼したい。

・宅建業の免許を取ることは決めているが、申請書をどう作ってよいのか分からない。

・開業準備で忙しく、申請のための時間が取れない。

 

このような方であれば当事務所にご相談ください。

わたしたちが、免許が取れるかどうかを判断の上、面倒な書類の作成、必要書類の取得、申請等をすべて代行いたします。

宅建業免許への流れ

①行政書士と面談

・宅建業の免許が可能かを確認します。

また、会社設立もする場合は、定款原案を作成のため、商号、本店所在地、資本金額、代表者住所、役員構成等について確認します。

会社設立準備から免許取得、営業開始までの流れについても説明します。

営業開始までにかかる報酬、費用についても説明いたします。

②定款作成、公証人による定款認証

・電子定款を作成するため、紙の定款の場合の印紙代4万円が不要です。

③金融機関への資本金の払い込み

・例えば定款記載の資本金額が300万円であれば、代表者が自身の個人名義の口座に300万円を預入れします(一番多い発起設立の場合)。

ここで、注意するのは、預金残高が300万円あっても、一旦300万円を引き出してから、再度預入する必要があります。

④設立登記申請。会社設立(設立日は、登記申請日)

・提携の司法書士が申請を代行します。

⑤設立した会社の登記事項証明書取得

・概ね登記申請から1週間程度で取得できます。この証明書がないと、宅建業免許の申請も銀行口座開設もできません。

⑥当方による宅建業免許申請書類の作成、申請

・申請の添付書類である「身分証明書」や「登記されていないことの証明書」等も当方が取得代行いたします。

⑦東京都の審査(欠格事由の審査、事務所調査等)

・審査の期間は書類受付後、約30日から40日です。

⑧免許取得 

・お客様の事務所宛に免許通知のはがきが届きます。

⑨保証協会への加入(または、営業保証金の供託)

・⑥の申請受理後、すぐに行います。

免許取得日から3か月以内に手続きすることが必要です。

加入手続きについても当方で代行いたしますが、手続完了まで約2か月かかります。 

⑩免許証交付。営業開始

報酬・費用

〈報酬〉

◆宅建業免許申請代行(新規) 8万円(+税)

※保証協会への加入手続代行報酬を含む。

 

〈費用〉

◆免許申請手数料 3万3000円

 

〈見積例〉

株式会社を設立と宅建業免許を合わせて代行した場合

・会社設立手続代行報酬 8万円(+税)

・司法書士等報酬 3万円(+税)

・定款認証代 5万円

・定款謄本代 2000円

・登録免許税 15万円

・宅建業免許申請代行 8万円(+税)

・免許申請手数料 3万3000円

合計 42万5000円

※保証会社加入にかかる分担金、入会金等 180万~230万円

合計220~280万円

お電話でのお問い合わせ

メールでのお問い合わせ


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 業務のご案内 行政書士のご紹介 事務所のご案内 アクセス 個人情報保護方針 お問い合わせ